新しく土壁を作る

山口市内 居酒屋 S
昔ながらの工法で藁スサイ入りの土壁を再現しました。
壁の内部には竹で編んだ小舞(コマイ)
小舞を編むことの出来る職人も数少ない中での、貴重なお仕事でした。
土壁ならではの、自然な風合いとひび割れ・・・やわらかで素敵な空間です
土間のたたきは、金華砂利の洗出し・墨入り

もちろん、店舗だけでなく一般の住宅にも施工は可能です。
古民家再生という言葉をよく耳にしますが、
逆に現代の家を古民家風に再生することも出来ます。

今回の工事も、もちろん古民家を再生したのではなく、新しい建物に
土壁を取り込んだものです。

行かれた方もいらっしゃるかと思いますが、とても素敵な落ち着く雰囲気です。

わざと古びた感じの土壁を演出するために、質感にもこだわりました。
混ぜ込む材料や、配合によっても、質感やひび割れ具合が全く違うため、
いくつもサンプルを作り、実際に乾かせて何度も実験を繰り返しました。

お客様のイメージを大切にしたいので、妥協は致しません!
あれこれ、実験を繰り返すうちに確実に良いものが出来上がっていきます。


事務員より

~ひとこと~


仕事はたくさんあるのに

職人足りず★の状態が建設業界どこも同じだそうです。

うちも同じく 「左官職人・未経験者を募集しています」

個人的にはとても魅力のある職だと思っています。

が、なかなか魅力が伝わらないのか・・・

お住まいの住宅の中にも必ず、左官の仕事は表面で見えています。

隠れない部分なので、技術が必要なんですけどね。


左官に興味を持たれた方・HPへのご意見などもメールにてお待ちしております。



Powered by Flips
編 集