☆オリジナル☆このたび 初施工となりました

オリジナルなもの 提供させていただきます

配合などは、企業秘密

という言葉をよく耳にしますが。

わが社のような、小さな会社にもあるんです!

 

あるものを再利用した左官の仕事ができないものかと。

市内のある業者さんからお声を掛けていただき、しばらく試作を繰り返し・・・

このたび初施工となりました。

 

今回は土間に使ってみたのですが。

色粉などは一切使っていません!

この色合いは、あるものから出たものです。

表面を掻き落とすと、あるものが現れてきます。

光に当たると少し、あるものがキラキラとひかり、素敵な表情をみせます。

今回は、2パターン施工しています。

色合いが異なるのは、どちらも別々のあるものを混ぜ込んでいるからです!

 

あるものについては、残念ながらお教え出来ないのですが。

普段から目にしている、身近なものを再利用しています。

今回の施工・・・ガーデンリフォームということでしたので、リサイクルという面で

ぴったりのタイミングで初施工させていただきました。

これからどんどん、いろいろな箇所での施工を目指します。

エクステリア、庭園をご検討中の方は必見!!

現在 きらら道の駅横のスペースにおいて

『庭園フェアー』が開催されております。

色々なタイプの『庭』を実際に体感していただけるイベントとなっています。

 

 

今回、ご紹介させていただいた土間も、こちらの庭園フェアーにてご覧いただけます。

藁入りの壁や昔ながらの技法で仕上げたカウンターも必見。


藁入りの壁の施工の様子を少しご紹介します。

個人的には、こうゆう壁が好きです。

画像ではわかりにくいかもしれませんが、藁が入っているため

空気を含んだ『もさっと』した風合いなんです。

左の写真、見ていただくと、いくつのも工程を経て一つの壁が仕上がるのがわかります。

 

 

藁を混ぜ込んだ材料はこんな感じです。

藁の長さや量によっても質感は変わってくるので

好みの空気感を出すことができます。

 

中塗りした壁に、藁入りの仕上げ材を

塗りつけているところです。

 

しっかりと空気を含んだ壁は塗りつけても

これだけの厚みがあります。

 

これが、仕上がってからも厚みを感じる壁の秘密です。

 

 

あるもの とは

あるもの とだけお伝えしていたので、多くの御問合せをいただいました。

造園フェアへ行かれた方は御分かりだと思いますが

『あるもの』の素材・・・

実は、屋根の瓦を細かく粉砕したものなのです。

これは、山口市内の瓦業者さんのエコなる取組みの一環で、このたび材料を提供して

いただきました。

材料としてでなく、そのまま手軽にガーデニング等にもお使いいただけるものですので

ご興味のある方は、『Rテコラ』 で検索されてみてください。

 

当社では、この素材を使った施工にも力を入れていきたいと思っております。

 

光が当たると、キラキラと輝くアプローチ 落ち着いた風合いの中に斬新さが感じられ

若い方からの御問合せも増えています。

クラッシャーとしてそのまま、周囲に敷き込むことも出来るので、トータルでガーデニングを

コーディネートすることができます。

 

 


ここからは、壁作りの様子です。

壁作りは、下地から!!

 

いくつかの工程

ご紹介いたしました。

Powered by Flips
編 集