エクステリアのリフォームもおまかせ

今回の工事ですが、以前当社で施工したもののリフォームです。

今から数年前になりますが、
中古住宅を購入されたのを機に当社に御依頼がありました。

前回の内容は
道路から丸見えの状態の玄関が気になる・・・
外壁はサイディングなので、少し温かみが欲しい・・・とのご要望でした。

まずは、気になる玄関前に目隠しの壁を作りました。
ガラスブロックをアクセントに入れて、壁にはジョリパットという材料で櫛引き仕上げにしました。
ガラスブロック・・・思った以上にご好評で♪
 と言うのも、子供さんが顔をのぞけて遊ばれただとか。

写真は前回の施工後の様子です。


ここからは、今回の施工途中の様子です。
玄関ポーチのタイルは100角のものからテラコッタ風の300角タイルに張り替えます。
せっかくなので・・・と、玄関前の壁の色も少し変えることになりました。

まずは、タイルの張替えから。
一気に洋風な色合いになってきました。

個人的に、私もテラッコッタ風の色合いが好きです。
植物と相性のとても良い色だと思うので!おすすめです!



 

完成した様子です。

 

アイアン製のポストも設置されて、とても可愛い雰囲気となりました♪

以前よりも、玄関周りが明るくなったと喜ばれていました。

やはり、グリーンとの相性は一番ですね。

 

 

テラコッタ風タイル、お好きな方も多いとは思います。

 

ネットなどでもよく販売されています!

・・・が、製品によっては雨に濡れると滑りやすいものもあります。

雨に濡れる箇所は、特によく気をつけて製品を選ぶ事も大切です☆

 

今でも、子供さんの一番のお気に入りは

この、ガラスブロックだそうです☆

ガラスブロックは、圧迫感がなく少し抜け感をつくるのに適しています。

玄関ポーチのタイルは、30年前に張られたそうです。
破損はありませんでしたが・・・
ありきたりなタイルに少々ご不満のようでした。

以前のタイルと比べて
サイズも大きなものを張るので、広く見せる効果もあります。

壁を塗り替える前の下準備。
若い職人のセンスで!
また、子供さんに喜んでもらえるように
表札の周りにさりげなく・・・
花の形の小さなモザイクタイルで飾りつけ!

ここでも若い子頑張っています。
現場に出て、職人の技術を見て勉強。
動いて覚える・・・良い職人になる為の第一歩!
~頑張れ、若い力~

Powered by Flips
編 集